むし歯の処置で白い詰め物をした後について知っておいて欲しいこと

菊地伸仁

ファミリア歯科 院長

歯ブラシと歯みがき剤

歯に詰めたの白い詰め物は、金属による修復と比べると見た目が歯の色に似ていて自然な仕上がりです。そのため、比較的心理的負担の少ない歯の修復方法となっています。

しかしながら、直したからこれでずうっと大丈夫ということではありません。見た目が歯に近いから、何度でもむし歯になってまた直せば良いというものでもありません。白い詰め物を一日でも長持ちさせるために気を付けて欲しいことをお伝えいたします。

1.白い詰め物(レジン)で歯を直した後はすぐ飲食OK

よく、すぐに食べても大丈夫ですかと尋ねられます。白い詰め物は完全に固まって歯と接着しているので大丈夫です。ただし、局所麻酔をしている場合は麻酔の効果が切れてからの食事にしましょう。

麻酔が効いている状態で食事は、食べにくく、味が分かりにくいものです。また、温度感覚が鈍くなりやけどの恐れもあります。したがって、麻酔をしている場合は、麻酔が切れてから食べるのが快適で安全です

2.詰め物と歯の境目はむし歯ができやすい

もう、詰めたから「その歯はもうむし歯はにはならないよ!」とは残念ながらなりません。実は、詰めた物と歯の境目はむし歯になりやすいのです。

一見、すき間なく詰められている詰め物も、顕微鏡で見れば、むし歯菌の入り込むスキマがあります。なので、むし歯になりやすい糖分の多い食生活が続いたり、歯みがきをさぼっていると、詰め物と歯の境目に新しくむし歯をつくることがあります。

したがって、甘いものをしょっちゅう食べたくてもちょっとガマンしてみませんか。甘いものを食べる回数を控えてください。歯みがきもでできる限り丁寧な歯みがきを一日に最低一回は行うと良いでしょう。

それから、定期的な歯科健診で詰めたものの経過のチェックでむし歯になっていないかを確認してもらうことも重要です。

3.詰め物が欠けたり外れたりすることがある

以下の理由で詰め物が欠けたり外れたりすることがあります。

  • 強い歯ぎしりや食いしばり
  • 硬い食べ物の頻繁な摂取
  • 歯に対する接着力不足
  • 歯と詰め物の境目からのむし歯

以上のような理由で詰め物が欠けたり、外れたりすることがあります。もし、そのようなことが起きたらすぐに歯科医院で診てもらうようにしましょう。

長期放置すると、新たにその部分からむし歯が発生して直すのが難しくなることがあるので、なるべくすぐに診てもらうようにしていただけると大切な歯が長持ちします。

4.咬むと痛みが出ることがまれにある

咬むと痛みが、処置した歯や処置した歯の咬み合わせの歯に出ることが、まれにあります。これは、調整が足りなかったためと考えられます。調整が必要になります。

5.まとめ

むし歯の処置で白い詰め物をした後について知っておいて欲しいことを簡単ではありますがお伝えいたしました。

残念ながら、人工の材料で直しているため、欠けたり外れたり、むし歯になる可能性はなくなりません。

日頃のお口のケアと定期健診によるお口のチェックで直した歯の維持管理に励んでいただくことが直した歯を長く持たせるために重要です。