根の治療を行った後の知っておいてほしいこと

菊地伸仁

ファミリア歯科 院長

根管治療

歯の根の治療は、長いこと開口状態を保つ処置なので疲れることが多いと思います。常々スムーズな処置のためにご協力いただきありがとうございます。

さて、このたび行われた根の治療は、できるだけ歯を長く快適に使えるために行っている大事な治療です。適切な根の治療なしに、良い歯のアタマの部分の機能回復はないのです。

そして、この根の治療は、治療期間中、時に痛みや違和感が起きたりするため、歯科医師と患者間で何らかの不信感が発生しやすい処置といえます。

そこで、治療期間中に想定されることや注意事項をお伝えいたします。

1.根の治療後の歯のフタを壊さないように注意する

根の治療後には、当院では、水分で硬化するセメントを使い、歯の根の上にフタをしています。

これが固まるのに1時間かかるので、1時間は食べることを避けてください。フタに咬み力が掛からないので飲み物は大丈夫です。

それから、このセメントは強い力が掛かると欠けてきます。ある程度は欠けても大丈夫なようにフタはしています。しかしながら、できるだけ根の中汚染しないため、治療中の歯で、しっかりと硬いものを咬むことは控えていただけると助かります。

2.治療後痛みの回復には個人差がある

治療前、とても痛くて歯の根の治療をしても、すぐに痛みが回復しないことがあります。これは、炎症の程度、体の回復力の差によりそのようなことになります。

痛みのある間は、処方された痛み止めを服用しましょう。もし、痛み止めが無い、あるいは飲み切ったのにまだ痛い場合は、かかりつけの歯科に連絡して、どう対処すればよいか尋ねてみましょう。

3.治療後に思わぬ痛みが発生する

治療前は痛みが無かったのに、治療後、歯に激痛がしたり、歯ぐきが膨れてきたりする症状が、残念ながら現れることがあります。

歯の根の治療は、デリケートな歯の根を触るので、時に痛みや違和感など不快な症状が発生することがあります。歯の症状次第で、あらかじめ痛み止めの処方を行うことがあります。痛みがある間は、痛み止めを飲んで症状の緩和を図ってください

もし、痛み止めが無い、あるいは、痛み止めがなくなっても痛みが続いている場合は、かかりつけの歯科に連絡して、対処方法を尋ねてみましょう。

4.痛みがなくなったからという理由で治療を中断しない

歯の根の治療の結果、痛みが引いてきます。痛みが引いてもその歯の根の治療は終わったわけではありません。必ず、歯のアタマの部分の回復が終わるまで通院を継続するようにしましょう

根の治療を中断すると、歯の根の炎症がいずれ悪化したり、むし歯の進行で歯を抜かざるを得なくなることがありますから、がんばって通院をしましょう。

5.まとめ

根の治療後は、フタのセメントを固めるため、1時間は食事を避けましょう。

また、痛みが引かない、痛くなったなどで不安になることもあると思います。処方された痛み止めがあれば飲みましょう。なければ、かかりつけの歯科に連絡してみましょう。

根の治療の中断は、歯の根の回復を阻むだけでなく、歯そのものを失うリスクを高めるので、必ず歯のアタマの部分を回復するまで通院することが必要です。がんばって通院してくださいね。

 

 

歯のお悩みはファミリア歯科にお気軽にご相談ください

ファミリア歯科では、「予防に優る治療なし」をコンセプトに診療に取り組んでいます。

〜ファミリア歯科の歯に対する取り組み〜
1 よく噛めて、長持ちして、トラブルの発生しにくい治療法の選択
 2 気軽に相談できる重くない医院の雰囲気作り 
3 治療完了後の予防・メンテナンスの重要性を丁寧に説明

歯科治療は重症だと治療が長期に及び大変だと思いますが、
しっかりスタッフ一同、診療に取り組ませていただければ幸いに存じます。