現役歯科衛生士にインタビュー!虫歯・歯周病予防の現場で働く彼女達の日々の習慣とは?

【執筆・監修】菊地伸仁

ファミリア歯科 院長

アイキャッチ画像

あなたは「歯科衛生士」という職業についてどれくらいご存知でしょうか?

「歯医者さんの助手・・?」
「なんとなく女性が多いイメージ」
などあまり詳しくない方も多いかもしれません。

歯科衛生士とは、患者様に対して

・歯科予防の処置
・保健指導

などの歯科医療業務を専門的に行うことができる国家資格を持つ歯科予防のプロフェッショナルです。
したがって、彼女たち自身が「歯の守るために行っている事」そのものが、歯の健康を保つためのお手本であると考えられます。

TBI実施イメージ*歯科医院で行われる歯科予防を目的とした歯の刷掃指導は歯科衛生士の専門業務である。

 

そこで本日は当院に務める現役の歯科衛生士にインタビューを実施しました。
歯のプロである彼女達自身が普段から気をつけている事や普段の業務で感じているよくある誤解、自身が日常的に使用しているデンタルケア用品などについてざっくばらんにお話していただきました。
よく虫歯になる気がするあなたも、また、歯ぐきが時々うずくあなたも、彼女たちの「歯を守るために行っている事」を早速取り入れることにより、現状よりも歯の健康度が改善の方向に進むことに役立てられると考えられます。

この記事を読んで、歯のことを大切にしたいなという意識付けになって、歯を守るための行動に良い変化を起こしていただけるようになれば幸いです。

 

1 インタビュイーの紹介

今回、当院ファミリア歯科に務める2名歯科衛生士にお話をお伺いしました。Kさん(歯科衛生士歴8年)とSさん(歯科衛生士歴10年)に2名の方にご協力いただきました。

彼女達は普段から当院にの患者様に対してお口の健康維持のためのメンテナンスやブラッシング指導に従事している現役歯科衛生士です。本日彼女達にお話を聞いたのは大きく以下の4点です。

・自分達自身お口の健康維持のために大切にしている習慣
・誤解されがちなブラッシングに関すること
・日常的に使用しているデンタルケア用品
・歯に関してよくある誤解や間違い

 毎日多くの患者さんと接するからこそお伝えしたい部分などを中心に熱く語っていただきました!
早速見ていきましょう。

 

2 歯科衛生士自身が心がけている習慣とは?

2-1.歯科衛生士Kさんへのインタビュー

お口の健康維持のために大切にしている習慣

院長
今回、当院のWEB企画でインタビューさせていただくことになりました。どうぞよろしくおねがいします。それでは、はじめに、Kさんのお口の健康維持のために大切にしている習慣をお聞かせください。

Kさん
ブラッシングは1日に3回しています。朝昼晩の3回です。
それから、フロス(歯間を清掃する糸)を常にカバンに入れて、外出先でも使うようにしています。

院長
1日3回も!素晴らしいですね。しかし、3回もブラッシングするのは大変ではありませんか?

Kさん
いいえ、特に大変じゃないですよ。習慣になっていますから。

院長
そう、それですね。習慣になっているっていうのがいいですね。私たち、医療従事サイドは最終的には来院される方々にお口のために良い習慣を身に着けていただきたいという気持ちでいます。とはいうものの、普通の人々に1日3回のブラッシングはハードルがややありそうですが、3回も歯をみがかないといけませんか?

Kさん
すべての人が1日3回のブラッシングが必須というわけではないんです。しっかりとしたブラッシングは、朝と夜の2回ほど必要ですね。

ブラッシング指導の際、患者様には、朝と夜のブラッシングは特にしっかり行い、昼はブラッシングできるのであればエチケットのためにみがくのも良いでしょうとお伝えしています。

院長
それから、フロスも常に持ち歩いて使えるようにしているのもとても良いことだなと思います。他に大切にしている習慣は?

Kさん
だらだらおやつを食べずに、決まった時間に飲んだり食べたりするようにしています。甘いものは昼時と、帰宅時に食べています。果汁のジュースあまりは飲まないですね、基本的にはお茶を飲みます。たまには、炭酸を飲みますよ。

また、食事の時はよく噛んで食べるように心がけています。よく噛むと、唾液が良く出て消化にもよいですから。また、唾液がよく出るということは、お口の中の自浄作用が働いてお口の環境にもいいんです

院長
よく噛んで食べると、いいことがあるんですね。

Kさん
そうです。自分の子にもよく噛んで食べるようしつけています。あごの発達にはしっかり噛んで食べさせることが重要ですから。食べ物をあまり噛まずにお茶で流し込んでいる子供が多いと聞きますが、しっかり噛んでお茶で流し込まずに食べるのが望ましいです。

院長
確かにしっかり噛むことはあごの発育においては重要です。きちんとした歯ならびのためにもしっかり噛むことが重要と言えますね。

Kさんの大切にしている習慣のまとめ

1.ブラッシングは1日3回する。

2.デンタルフロスを使っている。外出先でも使っている。

3.だらだらと飲食しないようにして、甘い飲み物はあまり飲まない。

4.食事の時しっかりと噛むようにしている。 

 

誤解されがちなブラッシングに関すること

院長
次は、誤って理解されているブラッシングに関することがあると思うのですが、お話ください。

Kさん
そうですね。硬い歯ブラシを使えば(みがき方はどうでもよく)ブラッシングはうまくできると思っている人が多いように感じます。硬さよりも歯ブラシの当て方のほうが重要です

院長
歯ブラシの当て方については、確かにそうですね。ブラシの毛先が歯面にちょうどよい角度、ブラシがたわむくらいの、力で当たることがポイントですよね。

*ブラシの毛先は歯の面に対して垂直方向に当てましょう。

 

*ブラシの毛先のたわみ方はこれくらいの力でみがきます。

Kさん
歯ブラシでみがく力が強すぎて、歯や歯肉へのダメージが大きいこともあります。その結果、歯ぐきが下がったり、知覚過敏が起きやすくなったり、歯の付け根が削れてしまったりすることもあります。

院長
そのような力任せにブラッシングしている方は非常に多いと実感しています。診療室に来られた方にアドバイスはできるのですが、歯科医院へ足を運ぶ機会が無い方にはアドバイスを行えないのがもどかしく感じますね。

誤って理解されているブラッシングに関することのまとめ

歯ブラシの毛が硬ければ歯が良くみがける
→ブラシの毛の硬さは歯が良くみがけることとあまり関係はない

※歯ブラシの毛先を歯に当てる角度や力が大事。毛先がたわむくらいの力で当て、歯の面に垂直に当ててみがくことが大切。不適切なみがき方は歯や歯肉を傷める原因にもなる。

 

日常的に使用しているデンタルケア用品

院長
普段どんな道具をデンタルケアに使っているのか、実は興味深く思っています。見せていただけますか。

Kさん
使っている道具をここに持って来ました。

院長
ちょっと拝見しますね。まず、この少し変わった形の歯ブラシはなんですか。

*クロスフィード「テペ セレクトソフト」 
Amazon参考価格 5本セット ¥1,000~ 

 

Kさん
歯ブラシは、「テペ」という予防歯科先進国スウェーデン生まれのブラシです。ブラシのヘッドはやや大きいですが、先端の方がやや細くなっていて、植毛密度がしっかりしているので奥歯までしっかりみがけるので愛用しています。

院長
私は使ったことが無い歯ブラシですが、そういわれるとちょっと試してみたくなりますね。それから、このブラシの頭が小さなブラシも使っているんですね。

*オーラルケア「プラウト MS(ミディアムソフト)」
 Amazon参考価格 4本アソートセット ¥1,374~

 

 Kさん
そうです。これはワンタフトブラシの「プラウト」です。歯ならびの関係で、「テペ」では、みがききれないところを「プラウト」を部分的に使ってみがいています。また、「プラウト」だけで歯を全部28本みがくこともあります。

 院長
このタイプのブラシは部分みがきだけに使っている方が多いとは思いますが、28本の歯をこの植毛密度の高い「プラウト」で隅々までみがくと、毛細管現象の力で歯垢がしっかり取れて、ブラッシング後の歯のツルツル感がすごそうですね。

それから、他の道具を見せていただきますね。

Kさん
これは「ジョンソンアンドジョンソンのリーチ」というデンタルフロスです。

*ジョンソン・エンド・ジョンソン「リーチ デンタルフロス ミントワックス 91m」
Amazon参考価格 1個 ¥569~ 

 

院長
やはり歯科衛生士というお仕事柄、フロスもお使いですね。いつ、使っています?また、毎日ですか?

Kさん
歯と歯の間の虫歯のリスクを下げるには、毎日の使用が欠かせないと考えているので、毎日使っています。朝は気になる時だけ使っていますが、夜は必ず使っていますよ。

院長
デンタルフロスの利点を知っていただいて、多くの方々にもっともっとフロスの習慣を身に着けて欲しいですね。

それから、これらはお使いの歯みがき粉などですね。

Kさん
そうです。ええと、これは、「チェックアップスタンダード」それから、これは、「ブリリアントモア」です。それから、これは歯みがき粉に見えますが、歯みがき粉とはちょっと違って、歯に塗るペーストです。「MIペースト」というものです。

院長
複数の製品を使っているんですね。それぞれを使用している理由があるかと思いますが、どんなふうに使いわけているのか教えていただけますか?

Kさん
「チェックアップスタンダード」はフッ素が配合されているので、虫歯予防の効果を期待して使用しています。


*ライオン「チェックアップスタンダード 135g」
Amazon参考価格  1個 ¥539~ 

 

研磨剤の種類によっては毎日の使用にやや不安がありますが、低研磨性なのも毎日安心して使用しやすい要素です。また、価格も比較的求めやすいので継続使用しやすいと思っています。

院長
世の中、そのようなフッ化物(フッ素)配合の歯みがき粉は多くある中で、なぜそれを使っているのでしょうか。

Kさん
ひとつひとつのデンタルグッズとの出会いも運命なのかもしれませんね。その他の類似の製品でも良いのかもしれませんが、たまたま、衛生士駆け出しのころ、歯ブラシ「テペ」のセミナーありました。その、セミナーで「チェックアップスタンダード」を勧められたのが使用のきっかけです。それから、ずっと7年ほど使っています。

「ブリリアントモア」は歯の着色・ステイン除去のために使っています。

ブリリアントモア
*ライオン「ブリリアントモア フレッシュスペアミント 90g」
Amazon 参考価格 ¥927~

 

「チェックアップスタンダード」と「ブリリアントモア」はそれぞれ半々くらいの割合でどちらかをブラッシング時に使用しています。

「MIペースト」は、炭酸飲料を飲んだ後、歯にダメージを与えたかなと思う時に使っています。

MIペーストGC 「MIペーストストロベリー40g」
Amazon参考価格 1本 ¥1,350~

 

これは、歯をみがいた後に歯に塗る特殊なペーストです。歯にカルシウムを補給する働きがあるんです。

院長
そうですね。炭酸飲料を飲むと、歯のカルシウム分などのミネラルが失われます。その失われたものは通常は徐々に唾液の成分で回復します。しかし、早く、確実に回復させたい場合、「MIペースト」は歯の再石灰化に必要なミネラルを補給してくれます。いわば、歯のサプリメントですね。

 

Kさんが日常的に使用しているデンタルケア用品のまとめ

Kさんは以下のデンタルケア用品を使用しています。

気になる用品は歯科医院やECサイトなどで購入が可能です。歯科医院での購入の場合は事前に取り扱いをお確かめください。

 

・歯ブラシ クロスフィード「テペ」

・ワンタフトブラシ オーラルケア「プラウト」

・デンタルフロス ジョンソンアンドジョンソン「リーチ」

・歯みがき粉 ライオン「チェックアップスタンダード」

・歯みがき粉 ライオン「ブリリアントモア」

・歯みがき類 GC「MIペースト」

 

歯に関してよくある誤解や間違い

 

院長
日常、診療室で多くの患者様と接していて感じることのある歯に関してよくある誤解や間違いは何かありますか?

Kさん
ありますね。歯周病の治療に関してなんですけれども、いい歯みがき粉を使えばそれだけで歯周病が治ると思っている人がいらっしゃいます。テレビのCMでの歯みがき粉の中にはそのような印象を抱かせるものがあるからでしょうか。

院長
確かに効果ありそうなCMを目にすることがありますね。

Kさん
もちろん、中には歯周病に一定の効果があるものもあるのですが、歯周病の基本的な治療や、歯周病対策の徹底したブラッシング方法の習得なしに歯周病の治癒は難しいです。

 他には、歯石が歯みがきで取れると思っている方もいらっしゃいます。歯垢(プラーク)は歯みがきで取れるのですが、歯石は取れません。歯石は歯周病の治療のためにもしっかり歯科医院で取ってもらいましょう。

歯に関してよくある誤解や間違いのまとめ

【誤解1】
いい歯みがき粉を使えばそれだけで歯周病に効くという考え方
→徹底したブラッシングと一緒になって初めて治療効果が発揮される。

【誤解2】
歯石は歯みがきをすればとれるという考え方
→歯石は歯みがきでは除去できない。歯科医院で機器を使用しないと取れない。

  

 

2-2. 歯科衛生士Sさんへのインタビュー

お口の健康維持のために大切にしている習慣

院長
今回、当院のWEB企画でインタビューさせていただくことになりました。どうぞよろしくおねがいします。それでは、はじめに、Sさんのお口の健康維持のために大切にしている習慣をお聞かせください。

Sさん
歯みがきについては、朝昼夜の1日3回やっています。朝は5分くらい、昼は3分くらいかな。夜は、お風呂場で10分ぐらいかけてじっくりとみがきます。

それから、デンタルフロスは、1日1回必ず使います。夜に使って、歯と歯の間の歯垢を取っています。それから、朝にはマウスウォッシュでうがいをしています。

 また、時々、マウスピースにジェルタイプの歯みがき剤を注入し、そのマウスピースをお口に5分くらい入れています。そうすると、歯みがき剤の成分が単にブラッシングをした時よりも長く、しかもあまり薄まることなく留まるわけです。その結果、歯みがき剤の中の有効成分高い効果を発揮しやすくなると考えています。

 私がその時に使っている歯みがき剤の成分には、歯周病菌を殺菌する成分やフッ化物(フッ素)が含まれているので、歯周病やむし歯の予防に効果を期待しています。

院長
実に驚くばかりの入念な歯のお手入れですね。特に、マウスピースにジェルタイプの歯みがき剤を注入してお口に入れるというのは一般的にはめずらしい方法ではないでしょうか。それは専門的には予防歯科的分野で行われている「3DS」に類似したものですね。その他に、日常的に飲食習慣で歯に関して気を付けていることはありますか?

Sさん
あります。甘いものの取り方ですね。私は甘い物、特にチョコレートは大好きなのでよく食べます。でも、しょっちゅう食べているとむし歯になりやすいので、食べるタイミングには特に注意しています。仕事のある日は、昼食や夕食を食べた後、すぐにデザートとして甘いものを食べています。休みの日は3時くらいに一度おやつとして食べています。

院長
頻繁に間食をしていると、お口の中が虫歯になりやすい状態の時間が長くなってしまいます。ですから、だらだらと間食せずに、甘いものは通常の食事に引き続いて食べるというのは理に適っていますね。他にはなにかありますか?

Sさん
飲み物にも気をつかいますね。基本的にお茶を飲みます。糖分を含まない飲み物がメインです。たまには炭酸(飲料)やカフェラテを飲むこともありますよ。

Sさんのお口の健康維持のために大切にしている習慣まとめ

1.歯みがきは、朝昼夜の13回。夜はじっくり10分みがきを実施

2.1日1回デンタルフロスを使い歯間の歯垢除去

3.朝はマウスウォッシュを使用。

4.時々、マウスピースに歯みがき剤を注入し装着する

5.甘いものは食事の時に一緒に食べるようにしている。

6.基本的には、飲み物はお茶を飲むようにしている。

 

誤解されがちなブラッシングに関すること

院長
ブラッシング指導の時、よく見られる誤ったブラッシングに関することはありますか?

Sさん
ブラッシング時は、歯ブラシの毛束を歯ブラシの面に当てるのですが、その角度が斜めになっている人が多いです。歯の面に垂直に当ててみがくのが基本です。

 

 

院長
毛先が斜めになっているときれいに歯垢が落ちないということですからね。

Sさん
それから、他に歯ブラシの持ち方がブラシの柄を握って持つ、パームグリップという持ち方の人が圧倒的に多いです。

パームグリップ*パームグリップで歯みがきをする女の子の写真。歯ブラシの柄を握って持っている点に注目。

院長
確かにそうですね。そのような持ち方だと、ブラシの角度をちょうどよく当てたり、ブラッシング時の圧力を適切にしたりすることが難しいです。ペンを持つような持ち方を、私たち歯科医療サイドは推奨しています

*ペングリップで歯みがきする女性。こちらが適切なブラシの持ち方。歯ブラシの柄の持ち方がペンの持ち方に似ている部分に注目。

Sさん
多くの歯科医院では、積極的に適切なブラッシング方法の習得のための口腔衛生指導が行われています。そのような機会に前向きにブラッシングのことに取り組んでいただけたらいいなと思います。

 

よく見られる誤ったブラッシング方法のまとめ

【誤ったブラッシング方法1】
歯ブラシの毛先を歯の面に斜めに当ててみがくこと

【適切なブラッシング方法1】
→毛先を歯の面に対して垂直に当ててみがくのがよい

 

【誤ったブラッシング方法2】
歯ブラシを握って持つこと

【適切なブラッシング方法2】
→ペンを持つような持ち方で歯ブラシを持つのがよい

 

日常的に使用しているデンタルケア用品

院長
Sさんの普段使っているデンタルケアの用品を見せてくださいね。

Sさん
歯ブラシは、メインで使っているのは、「プロスペック」の歯ブラシ。これは、もう15年くらいずっと愛用しています。なんの特徴もないフラットな形をしていますが、しなやかな歯ブラシで、他のブラシよりしっかりみがけている気がします。

プロスペック*GC 「プロスペックプラスコンパクトスリム S (ソフト)」
Amazon参考価格 3本セット ¥900~

 

それから、たまに。GCの「ルシェロピセラ」を使っていて、これは一番奥の歯の裏の方がみがけているなと実感します。ブラシ先端の毛束の先端が少し伸びている点やハンドルの形状がややカーブしている点に特徴があります。それと、ブラッシングが苦手な人から、これを使うとうまくみがけるというお声があります。

ルシェロ*GC 「ルシェロ B-20 ピセラ M (ミディアム)」
Amazon参考価格 5本セット ¥1,190~

 

院長
それぞれのブラシのいいところを知って、うまく組み合わせて使っているんですね。

Sさん
そうです。それから、歯みがき粉はこちらの「チェックアップスタンダード」と「ルシェロホワイト」を使っています。2つのうち「チェックアップスタンダード」をメインで使っています。フッ素配合で虫歯予防にもいいですし、低研磨性なので歯にもやさしいと思います。「ルシェロホワイト」のほうはステイン予防の目的でたまに使用しています。

ルシェロホワイト

*GC 「ルシェロ歯磨きペースト ホワイト 100g」
Amazon参考価格 1本 ¥1,780~

 

院長
目的に合わせて2種類の歯みがき粉を使い分けているんですね。

Sさん
そうですね。目的に応じて2種類くらいの歯みがき粉を使っている歯科衛生士は多いと思いますよ。

院長
それから、この歯みがき剤はたぶんインタビューのはじめの方でお話ししてくださったマウスピースに入れるジェルですね。

Sさん
そうです。この「ジェルコートF」というジェルタイプの歯みがき粉をマウスピースに入れてそのマウスピースを歯にセットして5分くらい放置するんです。そうすると、フッ素の効きも良くなりますし、歯周病菌の殺菌効果も高まると思います。


*ウェルテック コンクール 「ジェルコートF」 90g 
Amazon参考価格 1本 ¥900~

 

院長
マウスピースに「ジェルコートF」とはこれまた入念な歯のお手入れぶりですね。ジェルコートには、MFPというフッ素成分も入っていますし、グルコン酸クロルヘキシジンという歯周病菌を殺菌する成分も入っているので虫歯と歯周病の予防効果が望めるわけですね。それから、マウスピースは売っているものを使うのですか?

Sさん
マウスピースは市販のものも探せばありますが、私はホワイトニングの時に作ったマウスピースを使っています。

院長
他に、何か使用しているアイテムはありますか?

Sさん
あります。あとは、このデンタルフロスとマウスウォッシュです。このデンタルフロスは「e-フロス」という水分を含むと毛束が広がるタイプのものです。良いところは、毛束が広がるので、フロスを使った時の歯垢が普通の物よりもしっかり取れるところですe-floss

*ライオン「e-フロス ミントワックス」40m
Amazon 参考価格 ¥410~

 

また、このマウスウォッシュ「コンクールF」は歯周病菌に効果のあるグルコン酸クロルヘキシジンが含まれているので使っています。

*ウェルテック 「コンクールF」 100ml 
Amazon参考価格 1本 ¥900~

 

Sさんの使っているデンタルケア用品のまとめ

Sさんは以下のデンタルケア用品を使用しています。

気になる用品は歯科医院やECサイトなどで購入が可能です。歯科医院での購入の場合は事前に取り扱いをお確かめください。

・歯ブラシ「プロスペック」

・歯ブラシ GC「ルシェロ」

・歯みがき粉 ライオン「チェックアップスタンダード」

・歯みがき粉 GC「ルシェロホワイト」

・歯みがき粉 ウェルテック「ジェルコートF」(マウスピースに入れて使用)

・デンタルフロス ライオン「e-フロス」

・マウスウォッシュ ウェルテック「コンクールF

 

歯に関してよくある間違いや誤解

 Sさん
最近、食後30分経ってから歯をみがいたほうが良いと思っている人が増えています。基本的には、食後にすぐみがいてよいとお伝えしています。

酸蝕歯といって、酸性の飲食物の過剰摂取や工業用の酸による傷害で歯の表面がボロボロになってしまう病気があります。重症な酸蝕歯の人の場合、食後すぐに歯をみがくことを考慮する場合もありますが、健全な歯の表面のエナメル質を保っている人は大丈夫です。

 院長
食後30分経ってから歯をみがこうという一時期話題になりましたね。食後すぐの歯みがきが歯によくないというトピックをよく歯科関係の雑誌でも目にしました。いろいろ論争を呼びましたが、結局、日本小児歯科学会は、歯みがきは食後すぐ行ってよいという趣旨の見解を出すに至りました。
引用元:日本小児歯科学会

 Sさん
「食後の歯みがきは30分後が良い」というような情報。そういったちょっと意外そうな情報がテレビやインターネットで話題になると検証不十分なまま広がることがあります。私たち歯科医療に携わる者は常にそういった情報にアンテナを張っておく必要がありますね。

歯に関してよくある間違いや誤解のまとめ

食後すぐに歯みがきしてはいけないとい思っている人がいるが、食後すぐに歯みがきしてよい。

※ただし、重症な酸蝕歯の人は食後すぐの歯みがきについて考慮する点がある。

 

 

 

3. インタビューを終えて

今回、私は、お二人の歯科衛生士にインタビューをしました。

記事を書くことを目的としたインタビューは初めてだったのでいろいろ不慣れな点があったと思います。

それにも関わらず、いままでの経験から培われたお二人のデンタルケアに関する習慣などを包み隠さずお話ししてくださったことに感謝をまずいたします。

これを読まれたあなたははどのようにお感じになりましたか?

ありきたりななことばかりだったという人もいれば、知らないことがたくさん書いてあったという人もいるでしょう。また、歯を美しく保つのはこんなに大変なのかと思った人もいれば、これくらいならできそうと思った人もいるでしょうか。

私自身は、こんなに彼女たちは日々努力しているのかと感心してしまいました。もっと、自分自身の歯に対する乱暴な扱いを反省するばかりです……。

歯を健全に美しく保つ習慣のエッセンスをこのインタビューの中から感じ取っていただき、明日からのあなたの行動が少しでも歯にとってプラスに働くことを願っています。