歯科医が解説!5分でわかる歯肉炎を根本から予防する方法とその原因

【執筆・監修】菊地伸仁

ファミリア歯科 院長

家族で歯みがき

あなたは、普段、どれくらい歯のブラッシングに気を使っていますか?

歯のブラッシングが不十分だと歯ぐきは、まず、歯肉炎になってしまいます。

歯肉炎とは、歯周病の中でも初期のステージを指す言葉で、歯ぐき(歯周組織)に、炎症が起きている状態をいいます。

実は歯肉炎になる主な原因は

・歯に残ったままの歯垢(プラーク)
・普段の生活習慣

などが原因で引き起こされます。

この段階では痛みがほとんどないため、症状に気が付かず、
「たいしたことはないだろう」と放置したりする人も多いです。
しかし、そのまま放置していると、人によっては重症な歯周炎へと悪化し、歯がぐらついたり抜けたりします。

また、その歯周病菌による炎症は、心臓病の発症や糖尿病の症状の進行と深い関係にあります。したがって、歯肉炎の予防を行うことは、そのような全身疾患の予防にもつながるので歯肉炎の予防があなたの健康を支えると言ってよいでしょう。

本記事では歯周病の初期段階である「歯肉炎」を最も簡単かつ効果的に予防する方法から歯科医院で行うことができる予防策まで徹底的に解説していきます。

この記事を読んで、歯肉炎を予防して、健康で快適な毎日を、お過ごしいただけることを願います。

 

1. 歯肉炎の予防方法

歯肉炎の直接的な原因は、歯の表面に付着する歯垢(プラーク)です。一番大事なことなので、歯垢は歯肉炎の原因と十分意識しましょう。

したがって、歯肉炎の予防については日頃の丁寧なブラッシングによる歯垢除去が最も効果的な予防方法となります。

この章では、歯肉炎予防のため歯垢除去に関わることから、その他の歯肉炎予防方法をご紹介します。

1-1. 歯ブラシで歯垢を徹底的に落とす

歯肉炎の予防のためには、十分な時間をかけ、できる限り丁寧に歯をみがくことが大切です。
ポイントは歯と歯ぐき(歯肉)の境目の歯垢をしっかりとみがき落とすことです。

あなたはブラッシングに自信はありますか?

ブラッシングに自信が無いあなたでもみがき方を理解して上手に歯垢を落とせるようなみがき方が少しでもできるようポイントを6つ説明しますので、歯垢除去パーフェクトを目指して頑張りましょう。

1) 歯ブラシは鉛筆を持つような持ち方(ペングリップ)で持つ

ペングリップで歯ブラシを持つ

※歯ブラシは鉛筆を持つような持ち方で持ちます。

必要以上に力が入らないよう、歯ブラシは鉛筆を持つときのような持ち方で持ちましょう。なぜなら、みがきたい部分にうまくブラシの植毛部(ヘッド)を当て、上手に歯垢を除去するためです。また、鉛筆を持つように歯ブラシを持つことでブラッシングの圧力過剰を防ぎ、その結果、刷毛が歯ぐきにダメージを与えるリスクを軽減することができます。

2) みがく順番を決める

歯みがきを行う時は、偏りなく歯みがきするため、みがく順番を決めましょう。初めの内は特に順番をしっかり意識してみがくことがとても大切です。そうすることで、歯肉炎の原因である歯垢の除去割合を高くすることができ、歯肉炎の予防に効果を上がることができます。
歯ブラシでみがく順
*歯みがきを行う時の順番例
ステップ1 
左下の奥歯の外側~下の前歯の外側~右下奥歯の外側をみがく
ステップ2
右下奥歯の内側~下の前歯の内側~左下奥歯の内側をみがく
ステップ3 
左上の奥歯の外側~上の前歯の外側~右上奥歯の外側をみがく
ステップ4
右上奥歯の内側~上の前歯の内側~左上奥歯の内側をみがく

 

この例には歯肉炎の予防のためのみがく順番なので奥歯の溝みがきが含まれていませんが、むし歯予防のために、奥歯の溝もしっかりみがきましょう。

3)歯の付け根を念入りにみがく

スクラビング法

まず、上図のように、歯の付け根の歯面に対してブラシの植毛部を垂直に当てるようにします。当てたらブラシのヘッドを小刻みに5ミリほど左右に動かします。

ブラシの植毛部が歯の表面に垂直に接触した状態でブラッシングが行われると最も歯垢を効果的に除去できるので、必ず、歯面に対して垂直方向にブラシのヘッドを当てていることをよくイメージしてみがくことが大切です。

※推奨されないみがき方

バス法ブラッシング
たまに歯科医院に行くと、上図のように歯ブラシの毛先を45度で歯と歯ぐきの間に当ててみがいてくださいと言われることがありますが、このみがき方は歯や歯肉のことを考えるとあまりおすすめできません。(このみがき方はバス法と呼ばれるみがき方です。)
バス法でみがくことのデメリットは2つあります。
・毛先が垂直にみがきたい歯面に対して垂直に当たらないので歯垢が除去しづらい。
・毛先を当てる向き、力加減を誤ると歯肉を傷つけてしまう。

 

4)前歯の裏側はブラシをタテにしてみがく

前歯の裏側部分はブラシを縦にしてみがきます。ここは小刻みにブラシを縦に動かして歯垢を丁寧に落としましょう。そして、ブラシの植毛部を歯の面に対して垂直に当て、しっかり歯垢を除去しましょう

縦みがき(つま先)

5)歯と歯の間の部分はブラシのつま先やかかとでみがく

下の写真に示す歯と歯の間のエリアの濃い赤色部分は、これまで説明したみがき方で歯垢を落とすことができません。なぜなら、ブラシの毛先が到達しづらいためです。そのため、清掃不良になりやすいので歯肉炎の起こるリスクの高い部分と言えます。
ここに歯ブラシのヘッド全体を当てようと思っても全体を当てることはできません。

赤いところにプラークが残りやすい

よって、歯ブラシのヘッドの一部、歯ブラシのつま先やかかと部分(下図参照)の毛先を歯の面に垂直にあててみがかないといけません。

歯ブラシのつま先かかと

歯ブラシのつま先部分を使用すると下図の写真に赤線で示したように、歯の後ろ側部分に毛先を当てることができます。このように当てて、小刻みにブラシを動かしてみがきます。

つま先みがき

かかと部分を下図のように当ててみがくと、赤線で示した奥歯の横面の前方部分をみがくことができます。ここもブラシを小刻みに振動して歯垢をしっかり落としましょう。

かかとでみがく

6)歯並びが乱れている部分に注意してみがく

歯並びが乱れている部分はみがき残しが出やすくなります。歯肉炎の起こるリスクの高い部分です。
例えば、下の写真ように歯並びが乱れている場合は、赤線の部分に歯垢が残りやすくなります。このような部分も歯ブラシの植毛部全体は入らないので、かかとやつま先を使って、ブラシの毛先を歯の面に当てて小刻みにブラシを動かし、歯垢を落とします。

歯並びの乱れた部分

1)~6)まで、ブラッシング方法について解説しましたがいかがでしょうか?あなたは「面倒だ」とか「できそうにない」と感じるかもしれません。まずは、頑張って3日続けましょう、三日坊主にならずに続いたらまた3日続けてみてください。必ず、少しずつブラッシングがうまくなって変化を感じられるようになるはずです。

歯科医師である筆者がおすすめする歯ブラシ

ブラッシングで使用する歯ブラシはどのようなブラシが良いかという疑問はありませんか?私どもの医院でもよくブラシについてのご質問があります。今までの経験と知見に基づく主観ですが以下のようなことを参考に選んでみてください。

 ・歯ブラシの植毛部はコンパクトなものを選ぶ

ブラシのヘッド全体だけでなくつま先やかかとでみがくためにはコンパクトなヘッドのブラシの方がみがきやすいです。ヘッドの大きいものは短時間で大まかな歯垢の除去には向いていますが、細かいところを仕上げてみがくのには不向きです。

 ・毛の柔らかさは「ふつう」を選ぶ

歯肉炎を日常的に予防したい方は「ふつう」を選ぶと良いでしょう。硬い毛のブラシの刷掃力は良いのですが、圧力がかかりやすいので歯ぐきや歯を傷めやすいです。また、軟らかい毛は歯肉の炎症が強い時には向いていますが、歯垢を落とす刷掃力はやや弱めです。

・ヘッドの毛束(タフト)は平坦なものを選ぶ

ブラシのヘッド部分が、山型にカットしてあるものは避け、歯面にブラシの毛束を垂直に当てることができるフラットなものを選びましょう。

 当院では、ブラッシング指導の時に3列植毛ヘッドのタフト24という歯ブラシを使用しています。

タフト24オレンジ

タフト24の特徴

一見何の特徴もないのが特徴なシンプルな歯ブラシです。特徴を挙げると、

 ・毛先がラウンドカットで歯ぐきを傷めにくい。
・ブラシの毛は「PBT」製。歯ブラシで一般的なナイロン毛よりもコシが強くへたりにくい。
・ふつうの歯ブラシよりもブラシの毛が高密度に植毛されていて刷掃力が高い。

 価格もお手頃で、使用しやすくて良い歯ブラシです。歯科医院やAmazon、楽天などインターネット上で販売されています。また、タフト24の毛の硬さ表記にいわゆる「ふつう」がないので「S(ソフト)」を選んでみてください。一般ブラシの普通に近い硬さです。

 

1-2. 歯垢除去にその他の道具を併せて使う

上手にこれまで説明した方法でブラッシングができれば歯肉炎はパーフェクトに予防できるはずです。本当は歯ブラシだけで100%に近い歯垢除去を目指してほしいのですが、しかしながら、平均的に歯ブラシによる歯みがきで取り除くことのできる歯垢は6割ぐらいです。そのため、普段のブラッシングに加えて、歯垢除去サポートの道具を使用して歯垢を確実に落とすとなお良いでしょう。

・歯垢染色剤

これを使用すると、歯の表面の歯垢が染色されます。普通は白色のプラークが、赤色系に染まるので、みがく前やみがいた後の歯垢の付着状態の確認にとても役立ちます。

歯みがきに自信が無い時期はみがく前に染めてブラッシングしてみましょう。色の付いたところをブラッシングすると確実に歯垢を除去できるので、歯肉炎の予防効果が高まります。

主に液剤のものと錠剤のものがあります。

歯垢染色液「ハミガキ上手」
*丹平製薬「こども ハミガキ上手 いちご味・お徳用 180ml」¥606

歯垢染色錠剤「カラーテスター」

*サンスター「カラーテスター 200錠」¥2,000

※歯垢染色剤の例(上側の製品は液剤、下側は錠剤)

実際に、サンスターのカラーテスターを使い染めて
みがいてみました。下の写真はその時の物です。 

歯垢を染め出しします

①歯垢を染色してみました。ピンク色に歯垢
が染まり、歯の表面に付いています。 

歯みがきします

②ブラッシングを普段通り行ってみました。

みがき残しがあります。

③利き手の右手側の前歯の方にみがき
残しがあるのがわかります。  

きれいになりました

④もう一度残った部分を意識してみがきました。
歯垢が落ちてきれいになりました。    

 

デンタルフロス

デンタルフロス2種類

「デンタルフロス」とは、歯と歯の間の歯垢を清掃するための細い繊維を集めて束ねた糸です。

デンタルフロスには糸巻タイプのものとホルダー付きのものがあります。

上の写真の左側が糸巻タイプのフロスです。
糸巻タイプのフロスはフロスを引っ張って必要な長さにカットして指に巻きつけて使用します。

上の写真の右側がホルダー付きフロスです。
ホルダー付きフロスは、特にフロスをカットして指に巻きつける必要なく、すぐに手に持って使用できます。

歯ブラシでは落としにくい歯と歯の間の歯垢も、デンタルフロスを使用すると効率的に除去できるので虫歯や歯肉炎の予防効果を上げるためにもぜひ使ってみましょう。

デンタルフロスの使用がはじめてという方はまず、ホルダー付きフロスを使用してみましょう。糸巻タイプの物より使いやすいので早くデンタルフロスに慣れることができると思います。

そして、私自身はホルダー付きフロスを使用しています。

なぜ、糸巻タイプのフロスを使っていないのか自問してみると、

・使用時、手が歯に当たるのが少し気になる。
・フロスをカットするのが少し手間に思う。
・フロスを指に巻くのが面倒。
・使用感があまり好きではない。

などの理由があります。
これらの理由で、私の場合、糸巻タイプのデンタルフロスを使用していません。

*サンスター Ora2(オーラツー) ステインクリア フロス&ピック 30P ¥353

そのようなわけで、私はホルダー付きフロスを利用しているのですが、私は上の写真の『オーラツー ステインクリア&ピック』を使用しています。気に入っている点を挙げます。

・ホルダーに張っている糸の張り具合が良い
ホルダー付きフロスは何種類か使いましたが、その中でも糸で歯の側面にフロスを当てた時の当たり具合が良いです。きゅきゅっとみがきあげる感触が味わえます。この感覚がとても気に入っています。

・ステイン除去できる
高清掃シリカが配合されているのでステイン除去ができる。ステイン除去を謳った珍しいフロスです。

歯肉炎予防のためにホルダー付きフロスを使ってみたいけど、どれを買ったら良いかわからないということでしたら、ぜひ、このフロスを使ってみてください。販売はドラッグストアやAmazonなどでされています。

 

ホルダー付きフロスの使用に慣れたら、次に紹介する糸巻タイプのデンタルフロスをおすすめします。

フロアフロス250m

*オーラルケア 「フロアフロス 250m」¥2,578

糸巻タイプの製品も様々ありますが、上の写真のフロス「フロアフロス」を使ってみましょう。販売は歯科医院かAmazon等のインターネットでの通販となります。

このフロアフロスの特徴は384本からなる特殊な繊維が効率よく歯垢を絡め取ります。しかも柔らかいので、歯肉の中1~2ミリくらいの深さに入れても歯肉を傷つけにくいつくりになっています。歯垢の除去能力が高いので、歯肉炎や歯周炎といった歯周病の予防に適しています。

デンタルフロスの使用は継続的に行われて効果のあることですので、歯肉炎の予防の高い意識を持って取り組んでみてください。ホルダー付きでもそうでなくてもどちらでも良いですので毎日使用してみましょう。

 

歯間ブラシ

歯間ブラシ

歯間ブラシとは、歯と歯の間を清掃する道具です。普通の歯間ブラシは細いワイヤーを芯としたブラシ部分と樹脂製の持ち手部分から成ります。
上の写真は歯間ブラシの画像です。ブラシとピンクや青色などの持ち手で構成されています。

歯と歯の間の歯垢を効率的に除去できるので歯肉炎の予防に有効です。

歯間ブラシDENT-EX4S

ライオン DENT.EX 歯間ブラシ 4本入 4S ¥590

歯間ブラシを使用してみたいのなら、L字型のハンドルの金属ワイヤーにナイロン毛が付いたタイプの歯間ブラシ「DENT.EX 歯間ブラシ」を私はおすすめします。L字型なので奥歯部分にブラシが届きやすく、ナイロン毛がしっかり歯垢を落とします。

DENT.EX 歯間ブラシには4S/SSS/SS/S/M/L/LLと7種類のサイズがあります。4Sが最も細く、LLが最も太いサイズです。

一般に、歯間ブラシは若い人には不向きです。なぜなら、歯と歯の間のスペースが狭いからです。無理に歯間ブラシを挿入すると、歯ぐきを障害したり、歯そのものを損なったりするので要注意です。歯間ブラシがどこにも入らない場合は絶対に使用しないでください。

歯科医院に行かずにご使用される場合は、一番小さいサイズ、この製品では4Sから試してみてください。使用に際しては製品の説明書きをしっかり読んでから使いましょう。

歯間ブラシには、ゴムでできたブラシの製品もありますが、歯垢除去の力が乏しいのでつまようじ程度にしかなりませんので、通常のナイロン毛の歯間ブラシを使うほうが歯肉炎の予防に適しています。

 

ワンタフトブラシ

ワンタフトブラシ「プラウト」

*オーラルケア プラウト M(ミディアム) 1本 ¥321

あなたはワンタフトブラシをご存知でしょうか。
上の写真のように円錐型の小さな植毛部分のみの歯ブラシです。ワンタフトブラシを使うと、普通の歯ブラシではみがき残しが発生しやすい歯の付け根、歯と歯の間、歯ならびの乱れたところなど、いわゆるリスク部位の清掃を効率よくできます。

ワンタフトブラシも各社から様々発売されていますが、中でも上の写真のオーラルケア社の「プラウト」がお勧めです。私自身、歯垢の除去能力が高さを実感しています。これですべての歯をみがくととても歯がつるつるになって気持ちいいです。高密度なPBT毛の植毛部が毛細管現象で歯垢を吸い上げるという特徴を持っています。

 

1-3.生活習慣を振り返る

歯肉炎にとって良くない生活習慣を送っていると、歯肉炎になってしまいます。下記の事項について振り返ってみて、引っかかる点があれば改善につながるので改めてみてください。

ストレスについて振り返る

日常生活を振り返りましょう。
多忙や睡眠不足でストレスはかかっていませんか?ストレスにより免疫力が低下すると歯肉の炎症が急激に起こることがあります。できる限りストレスの減少に努めることは歯肉炎だけでなく他の病気の予防にもつながるのでよく振り返ってみましょう。

食生活を振り返る

糖分の多く含まれる飲食物を摂る回数が多いと直接的には歯垢の増加を助け、歯肉炎を起こしやすくします。また、間接的には腸内細菌の善玉菌を減らすことにつながり全身的に炎症を起こしやすい体質になると考えられます。糖分の摂取が多ければ減らすようにしてみましょう。

1-4. 歯科医院で健診を受ける

歯を上手にみがけていると思っていても、定期的に歯科健診を受けてみましょう。
ブラッシングが十分に及びにくい見えないところに歯石ができて炎症を起こしていることがよくあります。その時にブラッシングが上手になれるようなアドバイスも行われるので、あなたの歯みがきのモチベーション向上につなげてみましょう。

 

2.歯肉炎になる原因と症状

この章では歯肉炎の理解のため、歯肉炎の原因と症状を少しだけお伝えします。

2-1. 歯肉炎の原因

歯肉炎の直接の原因は歯垢(プラーク)です。

食後、歯の表面に白くふわふわした歯垢が付着します。歯垢が、歯と歯肉の境目に残ったままの状態が続いていると歯垢中の細菌が歯肉を刺激し歯肉炎になります。

ただし、歯肉炎の中には、プラーク以外の要素が主な原因となっているものもあり、ブラッシングのみでは改善が難しい歯肉炎もあります。よって、今回解説した予防方法を実践していたのに歯肉炎かもしれないと感じた場合は歯科医院の受診をしてみてください。

 

2-2. 歯肉炎の症状

歯肉炎の主な症状には

・歯ぐきが赤く腫れる
・歯みがきをすると出血する
・通常痛みは感じないが、敏感な人は歯ぐきがむずがゆい感じがする

があります。

この状態のまま、放置すると、将来「歯周炎」へ移行することがあります。歯周炎は重度になると、歯を喪失してしまう恐ろしい病気です。
したがって、歯肉炎の予防法を身に着けることは歯周炎の予防に直接つながっていますので、ぜひこれを機会に完璧なブラッシングを実践しましょう。

3.まとめ

歯肉炎の予防のためには、歯肉炎の原因除去を徹底的に行えば歯肉炎の予防は達成できます。そのための唯一の方法はブラッシングです。ブラッシングが第一で、ブラッシングが不十分では歯肉炎の予防はできません。100%の歯垢除去を目指してこそ歯肉炎の予防が可能となります。

歯ブラシによるブラッシングだけでは歯垢を十分に除去できないのであれば、デンタルフロスや歯間ブラシ、ワンタフトブラシを併用してみましょう。歯垢が十分にブラシのみで除去できているかどうかは歯垢染色で確かめることができます。

歯肉炎の予防は、将来的に起こる歯周炎のリスクを下げることができるので、歯肉炎の予防を徹底することは一生あなたの歯で食事を行うことと密接に関わっています。ぜひ、頑張って歯肉炎の予防に取り組んでみてください。